Rhenothermの特許

PatentRhenolease®Lotuflon II、2011

の一部として 研究プロジェクト ロータス効果を有する超疎水性コーティングの開発が続けられ、そして成功した結論に至った。 Rhenolease(登録商標)Lotuflonの名称で、3つの超疎水性表面コーティングが開発され、それらはマクロおよびミクロ構造に加えて、ナノ構造も有した。 XNUMX - XNUMX°の水接触角を達成することができた。 蜂蜜でさえこれらの表面から残留物なしで流れる。

パテントレノガード®ジャンボIII、2002

以前の厚膜系は、特に高い化学的応力および/または温度応力を伴う特定の用途には影響を受けやすいことがわかった。 それは層に緊張を引き起こし、それがひび割れを引き起こしました。 さらなる調査と改良により、適切な充填剤を使用したRhenoguard®Jumbo IIIコーティングが生まれました。 次のセクションでは、その原理を明確にします。
上部の純粋なフルオロポリマー層は、層内に生じる応力を吸収することができず、荷重下で破損する。 他方、充填剤で充填されているプラ​​スチック層は、応力を吸収して無傷のままであり得る。

断面の応力亀裂

PatentRhenolease®Lotuflon I、1999

90年代半ばのBarthlott氏とNeinhuis氏によるいわゆるLotusEffect®の出版物と説明に触発されて、Rhenothermはこの原則をコーティングに適用しようとしました。 基材およびコーティングマトリックスを狙って構造化することによって、XNUMX°の水接触角を達成することができた。 この疎水性表面は、ミクロ構造が重ね合わされたマクロ構造からなっていた。 自然のモデルとは異なり、Rhenolease Lotuflon Iシステムはまだナノ構造を持っていません。

特許レノガード®ジャンボIおよびジャンボII、1986

Hhenchstと共同で、Rhenothermは防食システムRhenoguard®Jumbo I + IIを開発しましたが、これまでのところ、1000μmの層厚を超える高融点フルオロポリマーをベースとするコーティングはありませんでした。
特に化学工業では、対応するコーティング缶の寿命を確保するために、高温用途には厚膜システムが必要でした。
これまで、大部分がフルオロポリマーからなる層が使用されてきたが、これらは、ある層厚の後に焼結プロセスにおける重力のために部品から流れ落ちたので、通常はXNUMXμmまでの層に制限されていた。 この問題に対する解決策は非常に簡単であった:高融点フルオロポリマーと低融点フルオロポリマーの組み合わせは、数ミリメートルの層を適用することを可能にした。

PTFEによる部品のコーティング PTFEコーティング、焦げ付き防止コーティング

排煙脱硫プラント(都市公益事業)の特許コーティング、1985

Hhenchstと共同で、Rhenothermは防食システムRhenoguard®Jumbo I + IIを開発しましたが、これまでのところ、1000μmの層厚を超える高融点フルオロポリマーをベースとするコーティングはありませんでした。
特に化学工業では、対応するコーティング缶の寿命を確保するために、高温用途には厚膜システムが必要でした。
これまで、大部分がフルオロポリマーからなる層が使用されてきたが、これらは、ある層厚の後に焼結プロセスにおける重力のために部品から流れ落ちたので、通常はXNUMXμmまでの層に制限されていた。 この問題に対する解決策は非常に簡単であった:高融点フルオロポリマーと低融点フルオロポリマーの組み合わせは、数ミリメートルの層を適用することを可能にした。

上へスクロール