プラズマコーティング

焦げ付き防止と牽引

1997以来、Rhenotherm GmbHは、米国のArlingtonにあるPlasma Coatings Inc.の独占的ライセンシーです。

Rhenothermハイブリッドコーティング
無機ハードコーティングと有機ノンスティックコーティングの組み合わせ。

PatentRhenolease®Lotuflon I、1999

90年代半ばのBarthlott氏とNeinhuis氏によるいわゆるLotusEffect®の出版物と説明に触発されて、Rhenothermはこの原則をコーティングに適用しようとしました。 基材およびコーティングマトリックスを狙って構造化することによって、XNUMX°の水接触角を達成することができた。 この疎水性表面は、ミクロ構造が重ね合わされたマクロ構造からなっていた。 自然のモデルとは異なり、Rhenolease Lotuflon Iシステムはまだナノ構造を持っていません。
 

PatentRhenolease®Lotuflon II、2011

超疎水性表面を実現するために有機フルオロポリマーコーティングと組み合わせた無機硬質材料層に基づくコーティング。 水接触角(WKW)は<150°、排水角は<10°です。

  • 非常に良い非粘着性
  • 優れた牽引力(例:400er、900er、12000er、21000erシリーズ、およびDragon Elite)
  • 低摩擦抵抗(例:200er、300er、21000erシリーズ)
  • 簡単なクリーニング
  • 耐摩耗面

プラズマコーティング

  • PC 200
  • PC 300
  • PC 400
  • PC 900 
  • PC 12000
  • PC 13000 
  • PC 21000 
  • PCドラゴンエリート 

アプリケーションの分野

  • ラミネート
  • フィルムのラミネーション
  • 接着剤塗布
  • 紙加工

Anwendungsbeispiele

液体による非濡れ性に。 ぬれはありませんが、流れ落ちる、または流れ落ちやすい液滴の形成。 凍結雨による濡れ防止用(氷結防止用)の使用にも適しています。

上へスクロール