用語集

Oリングコーティング

Oリングコーティングは、組立工程を容易にし、動的工程中の摩擦(摩擦係数)を減らすために使用されます。 過去には、このコーティングは、油脂などの古典的な潤滑剤に取って代わられていました。 近年、この分野でのOリングコーティングとボンドコーティングによる乾式潤滑がますます重要になっています。 ボンドコーティングの適用は、通常の潤滑と比較して、とりわけ自動マス部分コーティングを行うことができるという利点を提供する。 さらに、Oリングコーティングにより、きれいで乾いた部品表面が得られます。 他の用途には、シャフトシールリング、組み立てを容易にするためのバルブ内のシール要素における使用が含まれる。 ほとんどすべてのエラストマー(NBR、EPDM、ACM、VMQなど)をコーティングできます。 固体潤滑剤はOリングコーティングに結合されているため、シール材の摩擦係数が減少し、組立作業中に必要な力が大幅に減少します。 動的に動く部品の場合、コーティングはスティックスリップ効果の発生を防ぎ、ひいてはきしみ音の発生を防ぎます。 Oリングコーティングは、通常、部分マスコーティング(ディッピング、ドラムなど)として行われる。 被覆された部品の表面には、数ミクロンの層厚を有するしっかり付着した乾式潤滑塗膜(乾式潤滑)が残っている。

Oリングコーティングの利点は次のとおりです。 

  • 永久に低い摩擦係数
  • 持続的な良好なドライランニング特性
  • スティックスリップ効果なし
  • 耐老化性の向上
  • 動的アプリケーションで使用可能
  • ゴム製シールの部分に適用することができます
上へスクロール