用語集

接着傾向

癒着(ラテン語から) adhaerere 原子と分子の間に働く力、いわゆる分子力は、凝集力と付着力の2種類に分けられます。

凝集力が原子や分子を引き起こします 体をまとめる、z。 B.釘を曲げると、粒子は一緒になります。 物体の凝集力が大きいほど、それは強くなります(固体=高い凝集力、液体=低い凝集力、気体=非常に小さい凝集力)。

付着力は粒子間の引力を指す verschiedener 体、z。 B.インクが紙に付着し、チョークが板に付着し、接着剤が木に付着する。 接着力の強さはそれぞれの物質に依存します。 特に大きな接着力z。 接着剤、塗料およびワニスとして。

接着傾向は、2つの異なる物体間の引力の程度を意味します。 大きな付着傾向がある場合は、2つの物体が互いによく付着します(例:車体の塗料)。 低い癒着傾向について言えば、2つの物体は互いに酷く癒着しているか全く癒着していません。 それ故、低い接着傾向は、非粘着効果を有する。

したがって、抗癒着効果を有することである表面コーティングの目的は、コーティングとそれに接触する物質または媒体との間の可能な限り低い接着傾向である。

上へスクロール